Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C28]

両方ともよくおぼえてる。
肺の転移の時は、病院からまっすぐうちにきて、「どうしよう、のりちんどうしよう、自業自得だ、私のせいだ。。。」って何度も何度も繰り返して、「いえないよ、おとーさんにもおかーさんにもいえない!」って。
聞いちゃいけないかな?と思ってだまってたんだけど、あんまりにも熊みたいに右往左往してるから「なんのこと?どうしたの?」って聞いたら、「肺に影があるっていわれちゃったの。ねぇ、のりちん、おとーさん連れて行かなくちゃいけないんだけど、なんていえばいいと思う?」ってきかれたんだ。で、結局うちに夜中までいた気がする。かえれなくて。すごく自分を責めていたのをおぼえてる。私も動揺して、「結核かもよ?」なんてアホな事を力説した覚えがある。

あの電話もおぼえてるよ。
仕事場まで電話してきたからよっぽど心細いんだろうなって思って、一生懸命話したんだ。転移がなくてどれほどほっとした事か。でもあのときMRIとっていれば。。。
はーーーー。。。
  • 2006-03-17
  • 投稿者 : のりちん
  • URL
  • 編集

[C30] そうかあ…★

私は、ハーセプチンが良く聞くHER-2蛋白の3+強陽性ってヤツでね
主治医様が、このタイプでは50%の脳転移があるって言ってるの
で、脳のMRI撮ってっていったら
症状が出ないととってあげないってさ…
何か、複雑ですけどね。

なおさんの気持ち、かなり理解しちゃうわ。


  • 2006-03-19
  • 投稿者 : うわばみ@私も脳転移のハイリスク組
  • URL
  • 編集

[C31] この日記

読んで泣いた。
お父さんの気持ち、それを汲み取る親思いのななおさんの気持ち、泣けた。
  • 2006-03-25
  • 投稿者 : 苑未
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://nanaojones.blog53.fc2.com/tb.php/119-56c57b91
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

ななおがボケた理由について。語り。ななおジョーンズさん。

今午前4時っす。

昼間あんなに寝たせいか、起きちゃった。電気をつけたら猫たちがものすご~~~く迷惑
そうな顔をした。
ごめんね。くりちゃん。起こしちゃった?

ひまなので何か書こう。

何にしようかなぁ。じゃ、この間の脳転移なのか?ボケなのか?って話。

つい最近のこと。ななおがボケはじめて1週間。ななおの行動があまりにもおかしいって
いうんで、ままちんたちが病院に電話したら今すぐおいでということになった。

予約はしてなかったんだけど、早めに順番が来て先生がいろんなこと聞いてきた。

ご飯たべるの忘れちゃうの?
はい。そうなんです。

なに食べたかは覚えてる?
ん?それはよくわからない。

ホームページのパスワードが思い出せなくて、、仕事にならないんです。
そうか。じゃ100-7は?
えっとえっとえっと93.
じゃ93-7は?
えっとえっとえっと88(考えてこれ。でもほんとは86?)

先生いきなり焦りだします。ブレインメタ(脳転移)の疑いのある患者さんなのですが、
至急MRIの予約を、、、今日中緊急です。

あ、先生MRIは私閉所恐怖症なのでCTにしてください。
睡眠薬で眠ってもだめ?
うん。今日寝ちゃうと、仕事にならないと思うんです。明日ねるとんパーティなのでやることがいっぱいなんです。
そっかぁ。
あとでまたゆっくりMRIをとることにして、今日はとりあえずCTってことでお願いし
ます。(ボケてる割にそういうことは仕切るななお)

すみません。わがままいって、、、、ままちん謝る。
わかりました。じゃぁ今日はCTを。とったらまたここに来て下さい。

なんていうのかなぁ、、、、肺に転移したっていわれた時もそうだったんだけど、緊急の検査
=なにか重大なこと。だったりする。その日に結果が分る=告知の可能性もあり。だった
りもする。

みんなさ、人間ドックとか、何か他のことで病院へいって検査を受けた時、どうしよう。
がんです。なんて言われちゃったら、、、、って検査の結果をドキドキして聞くときがあるで
しょ?

私の経験上、そういう時は大概大丈夫だったりする。本当に怖いのは私が病気のはずがな
い。とか、何か別のことで頭がいっぱいの時。ななおの告知は大概そんな余裕をかまして
いる時におきた。

肺の告知の時もこんなんだったなぁ、、、、、ななお待合室でふと思い出す。あの時もねると
んパーティの直前で、ひとりで6ヶ月毎の検診の結果を聞きに前の前の病院へ行った。め
んどくさいなあ~~~こんなのしてる暇ないんだよねぇ~~~~なんて思いながら。

待合室でひとりパーティのシュミレーションをしていて、頭の中に自分の体に何か起きて
るような気なんてこれっぽっちもしなかった。

なかなか呼ばれなかった。確か一番最後だった。もう夜に近かった。
先生の声が聞こえる。前のレントゲン持ってきて、、、早く。なんとなく焦ってる。(今思え
ばね。)
でも私にはそんなことよりパーティのことのほうが心配だった。

ジョーンズさん。入って。
やっとだよ。ふぅ。なんて思いながら診察室へ入るななお。
「ジョーンズさん。今日はだんなさんは?」
え?いないっすよ。わたくし独身です。 「じゃあなたの責任者の方は?」
責任者??????なんじゃらほい。
「お父さんはいる?」
あ、いますよ。何の話ですか?(この時点でななおまだ察知せず)

「どうしてこういうことになってしまったのか、今考えていたんだけれど、君の肺にね、
たくさんの影があるんだよ。CTを撮ってみないと詳しいことはわからないけれど、悪い
ものの可能性がある。今すぐCTを撮って来週お父さんと一緒に来なさい。」
肺転移ってことですか?
まだはっきりしたことは言えないけど、その可能性がとても高い。

その時ななおは泣かなかった。
泣くより先に親になんていえばいいのかを考えていた。

ななおはいつもすっぱくタバコをやめろ、酒を減らせって、親に言われてきた。がんにな
ってからもずっとタバコをやめなかったし、えらそうにがん患者はストレスたまるんだか
ら。ほっといてよ。
なんて言ってちっとも言うことを聞かなかった。

だから、親の悲しむ顔が想像ついた。おねーちゃんのがっかりする顔が想像ついた。親に
そんな顔をさせるのはななおのせいだと思った。自分のつらさは自業自得だと思った。だ
から泣いてる場合じゃないと思った。その時は。

いよいよタバコをやめるときが来たのかぁ、ってことも大問題だった。まずはタバコを吸
って考えよう。(簡単に止められないのがタバコです。)
その日はとても家に帰る気になれず、代々木の友達の家に泊めてもらう。でもその前にひ
とりで居酒屋で生中とお刺身セットで500円っていうのを食べた気がする。

私がつらいというよりも、親の悲しむ顔を見るのが一番辛い。
だからその1週間ななおは親に言えなかった。ひとりでじっと悩んでて、なんていえば親
のショックをやわらげられるのかだけを考えていた。

でも先生は親を呼べって言ってる。明日こそ言わなくちゃ。

手術から1年ちょっとたったし、たまにはお父さんにも合いたいって先生が言ってたよ。
なんてへたな嘘を考えだして、親と一緒に病院へ行くことにした。(だいたいばれてたらしいけど、、、、)

「肺転移ですね。どうしてこういうことになってしまったのか、、、頭かくして尻隠さずで
した。」乳がんの世界では知らない人がいないその有名な大先生は、自分が術後補助療法を
必要ないと決断したことをそんなことわざで認めていた。

ななおの術後の状況では誰が聞いてもハイリスク群で化学療法をやらない人はいなかった
のだけど、それでも先生は大人しいがんだからやる必要はない。と判断した。ななおも偉
い大先生がそういうのなら、わざわざ望んで辛い抗癌剤なんてやることはないような気が
したので結局何も治療をしなかった。

結局この人にとってななおはただの尻を隠さなかったがん患者だったらしい。

ななおは別に怒らなかったし、特に泣きもしなかった。
ただ親の悲しむ顔が悲しかったのと、偉いとか有名な医者もたいして当てにはならないん
だなっていうことを痛いほど体で感じ取っていた。

お父さんはだまっていた。帰りの車のなか、全然しらない東京の道で、なぜそこに警官が
いたのかよくわからない。きょうはどちらからお越しですか?
と聞かれた。「茨城です。今あの病院から出てきたところです。」
ああ、あのガンの専門病院ね。ちょっと待っていただけますか?

やつはそういって、書類を持ってきた。相手は自転車だったし、こっちは車だったからそ
んなの無視して行こうと思えばいくらでも行けたのだけど、お父さんも私も何かいけない
ことをしたなんて思っていなかったし、そんなこと考える余裕もなかった。

なぜとめられたかお分かりですか?戻ってきた警官がそう聞いた。
何か悪いことをしたの?ななおがそうきくと、はい。一時停止をしませんでした。とやつ
がいった。

一時停止?
はい。

ななおは一瞬、この警察官を殺してやろうかと思う。まじで。

今ななおのお父さんは、娘が肺に転移したってことを知ったばかりで呆然としていて、ただでさえ悲しくて、せつなくてやりきれなくてたまらないのに、この男は自転車でたまた
まとおりすがってふと目にした車を止めてキップを切ろうとしている。それもただの一時
停止無視で。実際に無視したかどうかも定かじゃない。

今さ、私肺に転移したって言われたばかりなんだよ。お父さんかわいそうなんだよ。だか
らいいでしょ?見逃して。

みなさんそうおっしゃるんですよ。でもぼくはこれが仕事ですから。

まだ若いその警官はななおの気持ちを見事に逆なでし、いろんなショックとあまりの気持
ちのやりきれなさに駅前のそのロータリーでその警官相手に誰もが聞こえるほどの大声で
なき叫ぶ。

なにも今日、今、こんなときにこんなことしなくったっていいじゃん。お父さんがかわい
そうだよ。かわいそすぎるよ。あんたひどすぎるよ。娘が先に死ぬかもしれないってわか
ったその時に、、、、一時停止をしなかったことがそんなに悪いことなの?

これがぼくの仕事ですから。
彼には何を言っても無駄だった。

お父さんは、ななおもういいから。大丈夫だから。こんなの別にどうってことないから。
といってるんだけど、ななおはとても我慢が出来なかった。

ひどすぎると思った。血も涙もない人間だと思った。何が警察だよ。たまたま通っただけ
のさっき警官になったばかりのような男に思い切り神経をさかなでさせられてしまったな
なお。やつが泣かせたというよりも、今まで我慢していた涙がやつの出現で一気に噴出し
たんだと思う。やりきれなくて涙が止まらなかった。

最後にこういった。あんたなんか最低。あんたなんか絶対にもてない。あんたみたいな男
とつきあう女がいたらかわいそう。あ~~~ものすごくかわいそう。べ~~~~~だ。ば
~~~~か。死んだら化けてでてやるからね。

そんなあの日を思い出していた。木曜日の待合室。
また告知なのかな。

みんなに出すメールの内容まで考える。ななお@今日から脳転移。でもねるとんはやっちゃうよ。みたいなメール。

そんなこと考えてたら涙が流れ落ちた。MDをがんがんに鳴らしながら考えないようにし
た。そうか、こんなときはおねーちゃんに電話しよう。

早速おねーちゃんに電話。
なに?あんたどこにいるの?
ん?病院病院。100-7はって問題に答えられなくてね、CT撮ったの。今結果まち。
100-7?なに92?
ななお固まる。
ななおだってできたよそれは、、、、、
あれ?まちがってた?

あんまりおかしいので、泣いてるのがばかばかしくなってくる。
つづいてのりちんに電話。

のりちん。今結果待ってるの。もしかしたら脳転移かも。
今ネットで調べてたんだけど、肺からくる脳転移はガンマナイフで一日で取れちゃうって
よ。知ってた?
え?そうなの?(そう彼女はもうすぐ医学博士。なので仮病は絶対に使えない)うん。治
っちゃうって。だから全然大丈夫だよ。

じゃもしかして脳転移じゃないっていわれたほうが、怖いの?
アル中ですとか、、、、、
うん。そっちのほうが治らないだろうからね。
また笑ってしまう。

ななおのまわりは特に笑わせようとしてるわけじゃないのに、思い切り笑わせてくれるの
で、ひとり深刻な顔して悩んでいるのが本当に馬鹿らしくなってくる。

診察室に呼ばれる前にひとこと、ままちんにこういう。
ままちんお茶買ってきて、なるべく遠くまで。
や~よ。お母さんも結果聞きたいもの。
でも聞かないほうが幸せな話もあるんじゃない?
そぉ?
あああ、、、のどかわいたなぁ~~~~~~わかった。笑いながらままちんいなくなる。

結局帰ってきちゃって、ふたりでお茶を飲みながら聞いたんだけど、
先生ひとこと。

のうみそ、いっぱい詰まってるよ。あたまいいんじゃない。
は?
ほら、みてぎっしり。
転移は?してない。
本当に?
うん。仕事のやりすぎで脳が疲れてるんだよ。きっと。
へ?仕事のやりすぎ???????
そう。オーバーワーク!!!!!!!

信じられない。仕事は最近ろくにしてなかったから、原因はこれ。そう日記の書きすぎと
しか思えない。あとは睡眠薬の副作用かなぁ。とにかく脳転移ではなかったらしい。

原因がわかったのはいいけれど、いまだにボケは治らなくてこの前のパーティもまわりの
スタッフに助けられてやっと出来たって感じだった。(いろんなものを無くしちゃうし、集
計がまるで出来なかった。)

これからもボケ続けるのかなぁ。とおもうと不安だけど、まぁこうなっちゃったら悩んで
いても仕方ない。このボケななおとじっくりゆっくり付き合っていくしかない。

ガン仲間のアコちゃんやももりんがななおちゃん大丈夫だよ。あんなに長い日記かけるん
だからきっと脳転移じゃない。それにぼけてなんかいないよ。ななおはこの言葉に本気で
助けられてるんだ。この前から何度も自分に言い聞かしてる。友達ってほんといいよね。(^。^) ウサギの絵のついたすることチェックリストも買ったし。(かわいい上に便利(^^♪)それにボケはボケなりに結構便利なこともある。特に便利なのは都合の悪いことをきれいさっぱり忘れられるとこ。だからますますのんきで明るくいられるっていうわけで、、、、、(*^。^*)

もう6時だ。抱き合って寝てるたぬきとしらたまをよけてもう一回ねてみよう。そんじゃまたね。


スポンサーサイト

3件のコメント

[C28]

両方ともよくおぼえてる。
肺の転移の時は、病院からまっすぐうちにきて、「どうしよう、のりちんどうしよう、自業自得だ、私のせいだ。。。」って何度も何度も繰り返して、「いえないよ、おとーさんにもおかーさんにもいえない!」って。
聞いちゃいけないかな?と思ってだまってたんだけど、あんまりにも熊みたいに右往左往してるから「なんのこと?どうしたの?」って聞いたら、「肺に影があるっていわれちゃったの。ねぇ、のりちん、おとーさん連れて行かなくちゃいけないんだけど、なんていえばいいと思う?」ってきかれたんだ。で、結局うちに夜中までいた気がする。かえれなくて。すごく自分を責めていたのをおぼえてる。私も動揺して、「結核かもよ?」なんてアホな事を力説した覚えがある。

あの電話もおぼえてるよ。
仕事場まで電話してきたからよっぽど心細いんだろうなって思って、一生懸命話したんだ。転移がなくてどれほどほっとした事か。でもあのときMRIとっていれば。。。
はーーーー。。。
  • 2006-03-17
  • 投稿者 : のりちん
  • URL
  • 編集

[C30] そうかあ…★

私は、ハーセプチンが良く聞くHER-2蛋白の3+強陽性ってヤツでね
主治医様が、このタイプでは50%の脳転移があるって言ってるの
で、脳のMRI撮ってっていったら
症状が出ないととってあげないってさ…
何か、複雑ですけどね。

なおさんの気持ち、かなり理解しちゃうわ。


  • 2006-03-19
  • 投稿者 : うわばみ@私も脳転移のハイリスク組
  • URL
  • 編集

[C31] この日記

読んで泣いた。
お父さんの気持ち、それを汲み取る親思いのななおさんの気持ち、泣けた。
  • 2006-03-25
  • 投稿者 : 苑未
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://nanaojones.blog53.fc2.com/tb.php/119-56c57b91
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。