Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://nanaojones.blog53.fc2.com/tb.php/206-4ca658c1
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

GTK(ごーじゃすティーチャーK)

ねこにまたたび。
クリームの上にまたたび。
しらたまの上にもまたたび。
ミルキーの上にもまたたびをふりかけた。

三匹ものすごい勢いでお互いをなめあっている。
まさにギブあんどテイクだ。特にお風呂に入れたあとにこれをやったらみんなすぐに乾く
かもしれない。

人間の男と女にもまたたびみたいな粉があるといいのにね。

GTKは相変わらずだった。イタリアで一緒に何本ものワインを空にしてきたけれど、大
人の女はとても素直だった。彼女はいつも自分のままで生きていて、だからって誰も彼女
のことを嫌がらない。ま、強烈ではあるけどね。

彼女もまた私に素直の本当の意味、そして本音で生きることを教えてくれた人生の恩師の1
人。イタリアでは何人ものそんな大人の女に出会えた。

彼女は結婚してるんだけど、恋人もいる。学校の先生だけど、お酒を飲めばだれだって一
緒よ。父兄も生徒もないわ。と言い切る。

モラルとか倫理とかの話ではなく、もっとシンプルな話。彼女は自分に素直なだけ。彼女
の部屋は女の部屋で、主婦の部屋ではない。香水のにおいがする。ヨーロピアンないンテ
リア。リビングも広いバルコニーもすべてそう。生活のにおいがしない。キッチンも綺麗
で外国ってこんな風に生活してる人が多かったっけ。と思い出させてくれた。

もちろんワードローブにはドレスも入ってるし、それが似合う女でもある。
毎日のようにジムに通い、そして休みの日にはアロママッサージに時間を費やす。そして
大人の遊びをよく知っている。いい店にたくさん連れて行ってくれた。

その一つが新宿のションベン横丁にも似たような飲み屋街。小さな小さな古いBAR。J
AZZがよく似合う。まだ若い夫婦が経営しているそのバーにはいろんな人がやってきた。

ズラを脱いで飲んでるななおを小さな窓から覗いてたおじさんが入ってきた。

ずっと笑っていたのだけど、どうしてそんなことを言ってしまったのかはよくわからない。
そのおじさんにこういった。
「ななお肺にがんがあるからタバコやめてくれない?」
小さなバーだったからま、ほんとに煙かったんだけどね。普段ならフロンティアで飲んで
たってそんなことは言わない。逆にタバコのにおいが懐かしかったりするのに、、、、、

「うちの娘もがんなんだ。」
おじさんはそういった。子宮ガン。

なぜないたのかはよくわからないけど、たぶんお酒ののみすぎも手伝って涙が止まらなか
った。

ひとりなら泣かない。
だけど親のことを考えるといつだって涙がとまらない。
だれか大切な人を残して先に死ぬことを考えたら、もうこれ以上大切な人は増やせない。

おじさんに絡んだらしい。もうその後の記憶はないんだけど、、、おじさんが怒って帰るく
らいに泣きながら絡んだらしい。

なぜ絡んだのかよくわからない。ただひとつわかることがあるとすれば、おじさんをうち
のお父さんと一緒に思ったのかも知れない。

人って死ぬ間際にいい人になるのはわかる?
いろんなことを悟ったようになるっていうか、、、、

私はそれが嫌で、っていうか、いい子になると死んじゃうような気がして、外でいい顔し
すぎて疲れると親にあたる癖がある。悪い子でいると神様がそんな悪い子はもっとこの世
で苦労しなさい。って言ってくれるような気がしてる。
だから親の前ではかなり悪い子になる。

おじさんが窓から私を見ていたその目がお父さんと重なったのかな。
だから当たったのかもしれない。
よくお父さんを怒らしてしまうけど、それと一緒かもしれない。

そんな理由じゃおじさんも納得がいかないかもしれないけど、、、、、
GTKと二人そのあともずっと涙がとまらなかったらしい。
朝はふたりとも目が思い切り腫れていた。

彼女も感受性が豊か。私は鈍感ではあるけど、人が気が付かないことも気づけるアンテナ
があると思う。その辺が一緒だね。って色んな話をした。
あと自分は絶対ナルシストだっていいきったり。(^.^)

「ななおちゃんは私よりずっと弱い。今にも壊れそうなガラス細工のようなものを持って
いる。」彼女はそういった。
「だから支えてくれる人がほしいよね。」
「うん。でもさ、先に見えるシナリオが悲劇過ぎてこれ以上大切な人はもういらないよう
な気もしてる。」
「それもよくわかる。でも恋はいいよ。恋はもっとしようよ。素直にならなきゃ。」

「この子ななおちゃん。イタリアで出会ったの。今恋人募集中。よろしくね。あ、不治の
病なんだけど。どう?彼女。」

行く先々の飲み屋で言うGTKのそんな紹介の仕方には毎回赤面したけど、ま、それでも
いいって言う男を捜すためにはそういう紹介も必要だわなぁ、、、、、、ああ、、、、、すごかった。
でも面白かった。今度は彼女がつくばにやってくる。

大人の女ってこうなんだ。じゃ私このままでいいってことか、、、あ、老化を遅らせる努力
はがんばろう。いいこといっぱい聞いて来た。そしてこれからもずっと自分の気持ちに素
直に従うんだ。
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://nanaojones.blog53.fc2.com/tb.php/206-4ca658c1
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。