Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://nanaojones.blog53.fc2.com/tb.php/246-b0e92e88
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

ただいま。(*^。^*)

おはよう(*^。^*)

やっと元気に回復。っていうか眠かった。

ひよっこPそしてPさん。あえて本当に嬉しかったです。楽しかった。そして次の日、ひ
よっこねぇさん、深環ちゃんにもあえてよかった。

ただランチの時、私は自覚症状無しに疲れていたらしく、かえってみんなを心配させてし
まったような気がする。ピーリング前に施術台の上で寝かせてもらってすっかり回復した。
もっと体調のいい時にまた遊んでね。(*^。^*)

手術の報告は何からしよう。

まずは医学生たらふの岩平先生の手術見学の感想。

・看護婦さんたちの服や借りた手術着はERみたい。かっこいい。
・息を飲むほどの(挨拶のタイミングを逃してしまうほどの)手術室の緊張感。
・手術着の先生の金魚の絵の付いたキャップがかわいい。
・手術時に先生が履いていたナイキの靴がかわいい。
・場の雰囲気がとてもよく、看護婦さんが先生に意見を言える関係がとてもいい。発言の
相互性。
・術中、起き上がる手術台にこだわりを感じた。(とても画期的)
・場数をこなした先生と看護婦さんの連携のとれた全体の動きはとても効率がよく手術時
間43分に感動。
・先生が自分の書いた記事をたまたま読んでいてくれたことが嬉しかった。
・リカバリー室はとても心地よく寝心地がよさそう。ベット高そう。
・途中3回も涙目になったので僕には身内は診れないと思った。
・やっぱり僕に外科医は向いてないような気がする。

(ななおが覗いた再建手術(かっぱが覗いた~~~を目指す)はまたあとでMLかメール
します。)

最後の意見に大笑いのななおとP夫妻。英語だったか日本語だったかは忘れたけど、確か
に君はメスを体の中に落とすかもしれないから外科医はやめたほうがいいね。(その後二人
は意気投合して、英語でマシンガントーク。)

なんてったって、この前あげたナースウォッチ。たらふもう無くしました。
信じられる?普通さ、彼女がプレゼントした時計とか大切にするもんじゃないの?

それ以来、手術の後、バックを持ってくれるというやさしいたらふに、絶対にそれだけは
やめて。とバックを渡さない落し物係のななお。


その模様を見ていたひよっこねーさん。大笑い。イギリス人のダーリンはかっこよく、ひ
よっこねぇさんをさりげないエスコートがとても上手。(さすがはジェントルマンの国から
来たダーリン)たらふもたらふで術後でヘロヘロなななおをぎこちなくエスコートしてく
れた。こういう子って海外には多いわよね。(BYひよっこねぇさん)

あ、やっぱりそう思う?

うん。日本ではちょっと変わった子って言われる可能性が高いけど。海外にはわりとよく
いるじゃない。こういう子。

ああ、いるいる。確かにたらふは外国人ぽい。ところもある。
ななおも含め、顔とベースはどう考えたどうころんだって日本人なんだけども、いろんな
ところに行っていろんな人と出会って、いろんなことを感じてきている分だけ、外国人ぽ
いところがあるのかもしれない。

そんなたらふがイタリアに行こうと言い出した。ま、この前ふたりで読んだ新聞記事の中
にイタリアでは教授に夜勤をさせて、研修医は友達に会いに行ったという記事がのってい
た。そういうことはイタリアではよくある話だけど、日本ではまずないらしい。(研修医は
ひどいストレスからうつ状態になることが多いらしい)

そこにこんな記事もあった。イタリアでは誰でも医学生になれる。というか、入学試験が
ない。

>ななお、イタリアへ行くか?

うん。いいよ。もともと行こうと思ってたし。イタリア語も勉強しよう。

実際にはまず、たらふくんが卒業試験に受かり、医師国家資格をとり、研修医を数年やっ
たあとになるらしいけど、夢を見るってわるいことではないと思う。

っていうか、わたしの場合、生きるエネルギーは夢を見ることだった。

こうしたい。ああしたい。あれもしたい。これもしたい。もっとしたい。もっともっとし
たい。と心の中で願っていると、自然に頭の中にストーリーが思い浮かぶ。

誰もが夢物語と笑う話でも頭の中に入れておけば笑われることもない。でもわたしの場合
は口に出すことでそれを実現させなければいけないようにもっていくし、はずかしくてど
うしても言えないことは小説に書き溜めておくようにしている。そしてそれが絶対叶うと
信じていればいつの日か叶うときもやってくる。と思う。

私がこの先、あとどれぐらい生きるのか、実はまだだれにもわからない。

これからも生きると信じることで、病気が消える可能性がないわけじゃない。笑いがガン
を消すと信じることでガンが消える可能性がないわけじゃない。

っていうか、消そう。

私の生きる希望。それはこれからもみんなと笑顔で過ごすこと。それがあとどれぐらい続
くかは考えないことにすることで伸びる予定。

スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://nanaojones.blog53.fc2.com/tb.php/246-b0e92e88
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。