Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://nanaojones.blog53.fc2.com/tb.php/45-4b1cf6d5
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

でさ。

電話がない。まだ電話がない。電話がない。きっとこれからなんだよね。

電話を待ってドキドキするなんて何年ぶり???
何度も着信チェックして、いつもは携帯なんて投げっぱなし(携帯の意味なしとかなり不評)なのに今日はトイレも一緒に入る。なのになかなかかかってこない。他にすることもないので、昨日の話の続きでも書こう。長いよぉ。(^^♪

あれは真夏だった。手術して3ヶ月がたったぐらいの時だった。普通乳がんの手術の後にすぐリハビリして腕を動かさないと後で腕が上がらなくなるんだよね。それを知っててリハビリをさぼった私。
(その頃、精神的にブラックに近いブルーだったため全てのことにやる気を失ってた。)

なのに無謀にもその前の年、コテンパにやられた超きびし~~~~い先生たち(東大の建築の先生と現役若手建築家)の授業に出る。一年生だったからプレゼンのぷの字も知らなかったし、模型を作ったのもはじめて。何やってんだかもよくわからなかった私。自分が欲しいもの作れっていうから、御茶ノ水の駅の上にお風呂に入りながら酒が飲めるスパを作る。徹夜で作った模型を手に震えた声でプレゼン。それなのに、なにうんこ並べてんだよ。みたいなきっついコメントを頂く。二年生になったし、今年こそはとリベンジ。

今度の課題は東京に子供のための施設を作る。だった。
なんでもいいらしい。場所もどこでもいいらしい。期日は6日間。
初日にまずどこに何を作るかプレゼンしなきゃいけないのに、それを知らずかなりあせる。初日から評価D。絵の課題もDだったけど、かなり出来の悪い芸大生の私。でもヌードデッサンだけはなぜか好成績(*^。^*)

浅草のミニキッチン付のホテルに泊まっていたので、浅草でいいか。といい加減に決める。ブルー ハウスの並ぶ隅田川沿いにしようと思ったら、調査すら怖くていけない。先生にも危ないので場所 変更しなさい。といわれる。

何も決まらないまま、浅草をぶらぶら歩いて、いったいこの街の子供に何が必要なのか、建築家 のごとくカフェで酒をのみながら考える。自転車が多いんだよね。地元の子たちはみんな自転車。 ロックスの前の広い道路はホコ天なのにみんな自転車。そこには映画館やフットサルがあって、ゲ ーセンもある。なんでもあるからもう十分でしょ。とのっけから行き詰る。

私ってほんと才能ない。もう大学なんてやめてやる。ほんと建築の授業なんてエネルギーの無駄。 ってぐらい毎回課題のたびに追い詰められる。ほんとに私、建築が好きなんだろうか?と課題とは 関係のない逃げに走りやすくなるのもちょうどこの頃。

そんな時、ロックスの近くにかなり大きな廃墟ビルを発見。ここ何?とおまわりさんや近所のお店のおばちゃんたちに聞いたらもう10年ぐらいこのまんまらしい。こんないい場所にねぇ。ってことでそこに子供のための自転車パークをつくることに決定する。

近くの上野公園は夜な夜なBMX(チャリんこのアクロバット)を練習する若者が集まるらしい。夜中の上野公園にも調査に出向く。手すりとか植え込みを使ってスケボーしてる子達にインタビューした、いろいろ教えてくれたのでついでにスケボーも出来るようにしようと決める。かなり待ったんだけど、BMXの子達にはその日は会えなかった。

そのときもろもろで話を聞いた人30人ぐらい。いきなり話しかけられて変なことを聞かれるので、引く人はかなり引く。レストランで隣に座った子供にぼく自転車もってる?と話しかけたら、かなり怪しがられた。でも大概の人は優しくて、写真もとらしてくれるし、ちゃんと答えてくれる。おまわりさんにいたってはただで地域地図(買うには高い)を貸してくれてコピーさせてくれた。

そこまでがんばって調査して今度はエスキースといって、それを絵にしていく作業。それが出来てはじめて模型が作れる。明日は中間発表なのでみんな模型つくりまで今夜は徹夜でやるっていってる。

誰にどんなものが必要で、それをどう配置したらいいか、絵に書くんだけど、なんどもなんども行き詰まりはやってくる。私ってほんと才能ない。だめだ。あしたなんて絶対に無理。もうやめる。腕も痛いしもう帰る。

建築の授業。って一言でいうけど、ほんと大変なんだよね。社会人なのに、わざわざお金払ってこんなに辛い思いしなきゃいけないんだ。ってことでへこたれななおは講師の小辞さんにもうやめる。と言いに行く。話しているうちに熱くなってきてもう大泣き。

ものを生み出すって作業は楽しいことでもあるんだけど、同時にかなり辛い作業でもあるんだ。アイディアを自分の中から搾り出す時、自分の中身がよ~~~くわかるから。

私がおお泣きしてるのを見て、東大の先生がびっくりしてた。腕も痛いし、もうやめるって先生に言ったら、模型作る技術や体力的なことなら心配いらないよ。といわれる。へ?どういう意味???

そこでぼーっとしてるななおの前に現れたのが、金髪でオレンジのめがねをかけた現役芸大生の簾枝気くんだった。何?このかっこいい人?←ななおの心のつぶやき。君の模型は彼が作るから、君は心配しないで設計しなさい。といわれる。病気になってよかったぁ、、、、と思ったのはその日が最初。スチューデントアシスタントは他にもいたけどよかったぁ、蜩くんの方じゃなくて。なんて運がいいんだろう。私って。(*^。^*) その日は、みんな徹夜してるのに、ななおは小辞先生とふたりで飲みに行く。設計が出来ない理由を聞いてくれるらしい。彼女も私と同じ年。でも現役建築家で大学の先生でもある。先生に設計のヒントをもらった。

デザインっていうのは単なる思い付きじゃないのよ。ひとつひとつに意味ががなければだめ。例えば、建物にひとつ穴があいてるとする。この穴は星を見るための穴なんです。何時に南の空のオリオン座が見える角度に設計してあります。M7Yと言えるようにね。


その日から急に学校へ行くのがやたら楽しくなってくる。
だってななおの席の目の前には簾枝気くん。しかも模型作る準備万端ですたんばってくれている。エスキースが出来てないのに模型なんて出来るわけがないのだけど、気持ちが楽になったので、いろいろ絵が描けるようになってきた。先生に言われたようにひとつひとつ意味のあるものを紙の上に書いていく。たとえ行き詰ったとしても簾枝気くんの顔見れば気持ちが落ち着いてくる。すごいねいい男パワーって。(^^♪

自分が自転車に乗ってる気分で想像する。ここにチャリンコスルーのマックを作ろう。一度もチャリンコから降りずにすむ建物。トイレもチャリンコと一緒に入る。チャリンコにのって楽しいのは坂だよね。昇るのはつらいけど、そのあとにご褒美の大きな坂が待ってたらまた昇りたくなる。BMXの練習場は転んだりしているところを見られたくないだろうから、秘密の訓練場にする。ステージがいくつかあるんだけど、3まで来ると舞台にあがれて、マックで食べてる子たちやホコ天を歩く人たちに魅せることが出来る。なんてってやっていくうちにいつのまにか出来てた。

簾枝気くんも模型製作開始。
さすがは芸大生。模型は得意らしく真四角のキューブなんてピタっと作れちゃう。すげ。そんな簾枝気くんに超流線型(自転車なのでぶつかったらあぶない)の図面を見せる。かなり難しいんだけど、わかりました。って文句も言わず作ってくれてる。その間私はしっかりした図面(これが一番大事と先生に言われたため)を書く。時間がたっぷりあるため、伊東屋まで買出しに行く。

そこで自転車をこぐスピードで見える光の感じ方が変わる坂を思いつく。(これが一番大変で、その後簾枝気くんは夜中の11時まで文句も言わずななお模型製作をしてくれた。その間、ずっとしゃべってたんだけど、最近のかっこいい子は性格までいいんだよねぇ。しかも笑った顔が超かわいくてななおはでれでれ。打ち上げとかあるんですか?っていうからもちろんあるでしょう。一緒に美味しい酒飲もうねぇ!と約束する。

その日は徹夜でプレゼンの練習。そして朝6時には学校へ行って模型の最終チェック。そしてプレゼンは私の番。ひとつひとつに意味があることを伝えたくて、時間をかなりオーバーする。プレゼンの成功の目安は説明してるときに、人が近くによってきて模型を見るか見ないか。ななおの図面と簾枝気くんの模型にはどわ~~~~と黒山の人だかりが出来た。大成功。

ごきげんで簾枝気くんと飲めるよぉ。と大喜びしてた私。だけど私はそこであることに気がついてしまった。それは、、、、、、簾枝気くんは私の友達でもある藍ちゃんが好きらしい。熱いまなざしでプレゼン中の藍ちゃんのことずーーーーーーーっと見つめてる。模型が大きいので持ち運びも手伝ってる。ずーーーーーとそばを離れない。

なんで藍ちゃんなの?そりゃ確かにかわいいよ。そりゃ確かに若いよ。そりゃスタイルもいいよ。そりゃ性格だって、、、、、って確実に勝ち目なし。その時の私の落ち込みようといったら、かなりひどくて、酔っ払いまくり、他の生徒にか~~~~~なり心配かける。(授業の辛さを一緒に味わうのでいつのまにかみんな仲
良し。)上野で終電にのれたのはいいけど、松戸とかで止まっちゃって一人途方にくれる。駅でホームレスのおじちゃんとずっと話したのもその日。

飲み会のとき、藍ちゃんに一言こういったんだ。

簾枝気くん藍ちゃんに気があるっぽいよ。っていうかあの子ほんとにほんとに超いいやつだからつきあっちゃえば?と、、、、、

それから今でも二人はつきあってるらしい。簾枝気くんの大学の卒業制作のときは手伝う気満々だったけど、さすがに私にはお声がかからなかったな。模型作れなくて彼に手伝ってもらったわけだからね。

私ってさ、自分の気持ちに素直じゃないなぁ、、、、ってこうやって書いてるとよ~~~~くわかるんだ。あの時、ほんとは思いっきりやなやつになって、二人の邪魔したかったくせにそれをしないでしかも応援しちゃうなんてねぇ。まぁ今思えば笑える話なんだけども。

自分についた嘘。今度恋したらもういい人ぶらないで素直に行こう。って恋か、、、、、ちなみにねるとんパーティは半分本気で半分スタッフとして参加する予定。あと一週間だ。やせなくちゃ。

で、こんなに長く書いて、、、まだ電話がないんだけど、、、、、、
寝ちゃおうかなぁ、、、、、、今夜もまたフロンティアで営業だぁ!!!
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://nanaojones.blog53.fc2.com/tb.php/45-4b1cf6d5
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。